石川県市町村職員共済組合 共済いしかわ

文字サイズ : 普通 / / 特大



組合員証を使用しないとき

 やむを得ない事情で組合員証を提示できず、医療費の全額を自分で支払うというケースも十分考えられます。 このような場合には、本人が一時立て替えて、後日、共済組合に請求することになります。 その事情がやむを得ないもの、あるいはその費用が必要であると共済組合が認めた場合、組合員は「療養費」、被扶養者は「家族療養費」として、その費用の払い戻しを受けることができます。
 ただし、支払った費用の全額が戻るわけではなく、保険診療など一定の基準をもとにした額のうち、さらに自己負担分(組合員・被扶養者とも3割(小学校入学前の未就学児は2割)、入院時の食事代負担)を控除した額となります。
 病院等に受診するとき、また、この自己負担分(入院時の食事代負担を除く)の額が一定額を超えるときには、一部負担金払戻金または家族療養費附加金が支給されます。



組合員証を提出できなかったとき、または非保険医に受診したとき

 たとえば、急病や事故などで組合員証を持ち合わせていなかったり、近くに保険医がなかったなど、緊急を要する等やむを得ない事情のときだけです。 これはあくまでも例外で、そのような事情を共済組合が認めた場合に限られます。診療内容の確認のため診療報酬明細書の提出が必要になります。



海外で受診したとき

 海外旅行などで外国にいるとき、病気・けがで現地の病院等に受診した場合の費用については、帰国後に共済組合に請求すれば、療養費として払い戻しを受けることができます。 ただし、医療事情は国によってかなり違うので、共済組合では、日本国内の保険での医療費を基準に支給することになります。 診療内容明細書が必要なので、必ずもらっておきましょう。
※治療を目的にして渡航されたときの診療は給付の対象外となります。



はり、きゅう、マッサージを受けたとき、
または治療用装具(コルセットなど)を購入したとき

 治療上必要であることを医師が認めた場合であれば、基準料金をもとに療養費が支給されます。必ず医師の証明(または同意書)を受け、請求の際に提出してください。



輸血(生血)の血液代

 輸血のための生血代は、親族から提供を受けたときを除き、基準料金をもとに療養費が支給されます。この場合は輸血証明書が必要です。



請求に必要な書類


療養費・家族療養費等請求書 に領収書を添付してください。
さらに、それぞれのケースで証明書等が必要になります。


移送したときの費用 (「移送費」が支給される場合)

 入院や転院などの際に、病状が重く歩行困難等の理由から車などを利用した場合、それにかかった費用は、基準額をもとに移送費(または家族移送費)として後日、共済組合から支給されます。 ただし、これらの費用が必要であることを、医師および共済組合が認めた場合です。
 支給の対象となる費用は、車や電車などの運賃のほか、看護人の付き添いが必要なときは、それにかかる費用も含みます。 支給額は「最も経済的な通常の経路および方法により移送された費用」を基準に算定された額です。
 なお、診療を受けるための通常の通院費用は認められません。


請求に必要な書類


移送費・家族移送費請求書 に医師の意見書および移送に要した費用の証拠書類を添付してください。


PDFファイルの閲覧には,Adobe Acrobat Reader 5.0以降が必要です。
ソフトウェアのない方は,右のバナーから無料でダウンロードできます。

申請書ダウンロード

ページの先頭へ

お問い合わせ先:保健課 TEL.076-263-3367 FAX.076-263-3384

前のページへ戻る