石川県市町村職員共済組合 共済いしかわ

文字サイズ : 普通 / / 特大



組合員

組合員の資格

 市町村の職員となった人は、その日から自動的に組合員となります。 また、組合員が退職または死亡したときには、その翌日から組合員の資格を失います。 (退職後も一定期間、資格を得られる場合があります→退職後も組合員となれるケース 派遣法による組合員資格の取扱い



組合員となる職員


常勤職員 一般職のほか、市町村長、副市長、副町長等の特別職の職員。
常勤の再任用職員 当該地方公共団体を定年等により退職した職員で再任用された者。
常勤的臨時職員 常勤職員の勤務すべき時間以上勤務した日が1か月に18日以上ある職員が、引き続いて1年以上経過した場合、翌月から組合員に。


組合員の区分

 組合員は次のように区分され、一部給付面や負担の面で扱いが異なります。

  1. 市町村長組合員
    市町村長である組合員、市町村長長期組合員

  2. 一般組合員
    (ア)特別職
     (1)副市長、副町長及び教育長など
     (2)常勤的非常勤職員
    (イ)一般職
     職員定数条例内の職員
    (ウ)在職派遣職員

  3. 特定消防組合員
    消防司令以下の消防職員、副団長以下の常勤の消防団員

  4. 継続長期組合員
    公庫等職員、退職派遣者

  5. 任意継続組合員
    退職後、2年間に限り在職中と同様の給付(一部の給付を除く)が受けられる
    任意加入の組合員


こんなとき→こんな手続き


組合員となったとき

「組合員資格取得届書」に「共済組合貯金等の振込口座(設定・変更)届書」「組合員貯金加入申込書」「年金加入期間等報告書」を添付して提出

※さらに、被扶養者となる家族がいるとき


上記書類のほか、「被扶養者申告書」に下記必要な書類(→被扶養者)を添付して提出

  組合員資格取得届書
  共済組合貯金等の振込口座(設定・変更)届書
  年金加入期間等報告書
  被扶養者申告書

認定に必要な証明書類

 被扶養者の認定を受けるには、組合員がその人を扶養している事実や、扶養しなければならない事情を確認できる書類が必要です。

区分 添付書類
学生(高校生を除く) 在学証明書
給与収入のある者
(パート・アルバイト等)
給与見込証明書(雇用者証明)または直近3ヶ月分の給与明細書
事業・農業収入のある者 確定申告書(写)と諸経費のわかる収支内訳書(写)
不動産収入のある者 確定申告書(写)と諸経費のわかる収支内訳書(写)
年金収入のある者 最新の年金改定通知書(写)または年金支払通知書(写)
同居が認定条件の者(義父母等) 住民票謄本

添付書類については、必要に応じ関係書類を求めることがあります。
被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の者については、国民年金第3号被保険者の届出が必要となります。


退職または在職中に死亡したとき

「組合員資格喪失届書」の提出(同時に組合員証を返納)



不服の申立て

 共済組合の行った決定等に対し不服がある場合は、全国市町村職員共済組合連合会に設置されている「審査会」に、審査請求することができます。
 裁判所に提訴することもできますが、その手続きの煩雑、多大な出費を避ける方法として、組合員の権利保護を図っています。
 不服の申立ては文書でも口頭でもできますが、決定等を知った日から60日以内にしなければなりません。 申立てできる事項は次のとおりです。

  • 組合員の資格の決定について

  • 給付の決定について

  • 掛金の徴収について

  • 組合員期間の確認について


PDFファイルの閲覧には,Adobe Acrobat Reader 5.0以降が必要です。
ソフトウェアのない方は,右のバナーから無料でダウンロードできます。

申請書ダウンロード

ページの先頭へ

お問い合わせ先:保健課 TEL.076-263-3367 FAX.076-263-3384

前のページへ戻る